【2019年】オススメBTOゲーミングPC(デスクトップ)

ガジェット
この記事は約11分で読めます。

【2019年】オススメBTOゲーミングPC(デスクトップ)

みなさんこんばんは!
私の使っているPCが古くなってきて動画編集作業なども時間がかかるのでそろそろ新しいPCを買い替えたいと思い、今使っているPCもゲーミングPCなのでどうせ買い替えるなら次もゲーミングPCがいいと思い、最新のゲーミングPC事情を調べてみたので折角なのでご紹介したいと思います。

※今回は自作PCは視野に入れずにBTOで購入を考えています。
BTO・・・Build to Orderの略で 「受注生産」を意味します。
既製パソコンより詳細にパーツ構成(メモリ・ハードディスクなど)をカスタマイズすることが可能です。予算や用途などのご希望に応じて自由に選べるのが魅力です。

私が何故ゲーミングPCを使用しているかと言うと、もちろんゲームを快適にプレイしたいという事もあるんですが、動画編集する際に最近の動画編集ソフトはCPUでエンコードを行うだけでなく、
GPUを使用してエンコードが出来るものも多いため性能の良いグラフィックボードを積んでいるゲーミングPCを使用している背景があります。

ここで、これからPCを買おうかな?って思ってる方で一般向けPCとゲーミングPCの値段の差や性能の違いなどが気になると思われるので簡単に掲載したいと思います。

 

目次
〇ゲーミングPCの買い替え時期
〇一般向けのPCとゲーミングPCの値段
〇ゲーミングPCとは
〇一般向けPCとゲーミングPCの違い
〇ゲーミングPCはグラフィックボードだけじゃない!重要なポイントとなるパーツ
〇ゲーミングPCとBTOショップの紹介

ゲーミングPCの買い替え時期

まずは、ゲーミングPCの買い替え時期について少し考えたいと思います。

ゲーミングPCって結構高価な買い物になるのでいつ買い替えればいいのだろう?って買い替えタイミングで悩みますよね。

なので、私なりに買い替えのタイミングは下記の二つの理由のどちらかに当てはまった時に検討しようと思っていました。

1、スペックが足りないと感じたとき

ゲームをしていて一定以上の設定でフレームレートが60FPSを切るような時や処理落ちが酷くなってゲームプレイ上ストレスを感じた時。グラフィックボードやメモリ等多岐に渡って交換が必要な時。

2、PCが頻繁に不具合が発生した時(調子が悪いとき)

デバイスの認証時にエラーが頻繁に起こったり起動が重くなったりしてOSの再インストールをしても不具合が完全に解消されないとき。各種パーツの不具合が出て交換時にそれなりに費用がかさばる時。

一般向けPCとゲーミングPCの値段

一般向けPCは安いもので5万円くらいからありネットサーフィンや表計算などの仕様には十分と思われるスペックになっています。

ゲーミングPCはカジュアルゲーマー向けな物でも8万円後半の物からと一般向けのPCより結構高額になっています。その分、グラフィックボードなどが積まれている等の差が出ます。

次の項目ではゲーミングPCについて簡単に説明や違いについて掲載したいと思います。

 

ゲーミングPC(パソコン)とはh

ゲーミングPCとはゲームをするのに必要とされる性能を備えたPCの事を言います。
昨今、PCゲームは3Dグラフィックを使い凄く奇麗な映像を使用するなど少し前のゲームとは比較にならない程進歩しています。

その、凄く奇麗な映像や複雑な内部処理をストレス無くこなすためには高性能なCPUやグラフィックボード等を搭載し高速処理が出来るスペックが必要なのが特徴ですね。

 

一般向けのPCとゲーミングPCの違い

一般向けのPCとゲーミングPCとはどのように違うのか調べてみました。

両者で大きく違いが出るのが、グラフィックボード

一般向けのPCの場合はグラフィック機能がパソコンに搭載されるマザーボード(ざっくり説明!CPUやメモリ・グラフィックボード等を取り付けるもの)に直接組み込まれている事が多くこのような形式を「オンボードグラフィックス」と言います。

一般向けのPCにはこの「オンボードグラフィックス」を使用し映像を映し出すことを可能にしています。 ただ、この機能は最低限の機能に近く、グラフィックボードと比べ性能的に大きく劣っています。

インターネットを楽しむ程度であれば、この「オンボードグラフィックス」の機能で十分です。
また、ゲーミングPCよりも消費電力が低いのも特徴です。

ただし、実写のような美しい映像の3Dグラフィックスのゲームをしたい!と思った場合、この「オンボードグラフィックス」では非力すぎてプレイ出来ない、もしくはプレイ出来たとしても動作が安定しないなど快適とは言えない状況に陥ります。

つまり!最新の美しい3Dゲームなどを快適にプレイしたいときに必要不可欠なのが、グラフィックボードです
グラフィックボードの中にはGPU(Graphics Processing Unit)と言うものが積まれています。
このGPUが映像処理専門のチップになり、GPU性能が高い程、より美しい映像がスムーズに映しだされるという事になります。

 

次に一般向けPCとゲーミングPCで違いが出るのがCPU(Central Processing Unit)

CPUにも種類があり有名なメーカーではインテルやAMDと言ったメーカーがあります
今回はインテル製の物を調べてみたのでそのCPUで一般向けPCとゲーミングPCの違いを記載したいと思います。

CPUには「Core i」と言うシリーズが有名でCore i3,Core i5,Core i7,Core i9と言うグレードがあり、数字が大きい程性能が高くなることを意味しています。

一般向けのPCには非常に値段が安いものも存在していて、その場合はCore i3やCore i5などのCPUを積んでいることが多く見受けられます。

ただ、ネットサーフィンや表計算など事務的な作業ではこれらのCPUでもまったくストレスなく使えるので普段使いでゲームをしない場合はCore i3~i5で十分だと思います。

しかし、最新のゲームをする場合グラフィックボードだけではなくCPUにも大きく負荷がかかるゲームも増えてきている事もまり、Core i5でも設定次第では十分なのですがやるからには最高の環境をと思うとCore i7やOC(オーバークロック可能なCPU)のCore i7 〇〇Kなどがオススメになります。
※OC(オーバークロック)とは英語表記でOver Clock書きます。ClockをOverするということで、
Clock(=周波数)をOver(=超える)という意味になります。
AというCPUの定格周波数が3Ghzだとすると定格周波数以上に周波数を上げることになります。
OCをするには対応のマザーボードとIntelCPUだとCore i〇 〇〇Kと最後にKのつくCPUが必要になります。(末尾の記号がX,Kの物がOCに対応しているようです)

最新のゲームでは推奨スペックにCore i7とするものも多く見られます。

そう言う事もあり、ゲーミングPCではCore i7 やCore i7 〇〇Kを搭載するPC主流になってるようです。

以上がざっくりと一般向けPCとゲーミングPCでの大きく違いが出る部分の紹介です。

 

ゲーミングPCはグラフィックボードだけじゃない!重要なポイントとなるパーツ

 

CPU

PC(パソコン)の「頭脳」とも入れるパーツです。パソコン全体の処理を制御するパーツです。CPUの性能が高い程、処理速度が向上しゲームの快適性にも大きく関わってきます。上記でも紹介しましたがCPUには「Intel」「AMD」の2大CPUが有名ですが、国内で自作以外のPCでは「Intel」製のCPUの使用が大半だと言っても過言ではないと思います。
軽い処理のゲームであればCore i5でも十分ですが最新のオンラインゲームなどでは推奨スペックをCore i7とするものも多く見られるため、長い目で見たり総合出来に考えてもCore i7 が最適じゃないかと思います。

メモリ

メモリは「CPU]が処理をする際にデータを一時的に置いておく「作業台」のような役割を持つパーツになります。
この作業台が広ければ広い程、一度に進めることが出来る仕事もアップし作業台が狭い程仕事が遅くなってしまいます。(リアルと同じですね><)
ゲームをプレイするうえでは8GBあれば十分とされていますが、先を見越して16GBのメモリを選択しても損はないと思います。

グラフィックボード

実写のような美しい映像を映し出すのに必要不可欠なパーツがこのグラフィックボードです。
名前の通り映像処専門のパーツで、性能が低いと映像の動きに不具合(ラグ等)が出やすく最悪の場合は起動するだきないこともあります。
このグラフィックボードも2大ブランドが存在します。「NVIDIA GeForceシリーズ」と「AMD Radeon】シリーズです。両者とも、ブランド名の後に続くナンバーがグレードを表しているので基本的に数字の大きなものほど高性能という事になります。

HDDとSSD

HDDは「ハードディスク」の略でプラッタと呼ばれる磁性体ディスクを内部に搭載した記録媒体のことです。構造的にはCDやDVDと似ており、データを保存する際はこのプラッタに磁気ヘッドを使って書き込み、データを読み込む際も同様に磁気ヘッドでプラッタ上から読み込みます。

メリットとして容量単価がSSDより安いため、データ(写真や動画など)保存などに使用するのに向いています。
デメリットはSSDに比べ、書き出し/読み込みの速度が非常に遅いことです。

SSDは「olid State Drive(ソリッドステートドライブ)」の略でUSBメモリなどと同様にメモリーチップを内蔵した記録媒体を指します。HDDと違って内部で機械的に駆動する部分がないためサイズが小さく軽いのが特徴です。

メリットはHDD比べ書き出し/読み込みの速度非常に早くOSやゲームなどの起動速度が大幅に早くなります。また、HDDと違い機械的な内部動作が無いため、衝撃に強くよほど強い衝撃がなければドライブが破損することは無いと思います。
デメリットはHDD比べ容量単価が高いという事です。ただ、最近では500GBのSSDなどは非常に値段が下がっているので起動ドライブにSSDを使い、動画などのデータ保存のドライブに大容量HDDを使うなどの使い分けをするのもありだと思います。

 

ゲーミングPCとBTOショップサイト紹介

 

※画像をクリックすると詳細ページに飛べます

〇 GALLERIA XF

今回私が私が購入を検討している中で一番心惹かれている物です!

スペックは
Windows 10 Home
Core i7-9700K
GeForce RTX2070
8GBメモリ
500GB SSD
2TB HDD
値段:179980円(+税)(通常価格185,980円(+税))
となっていて、ゲームや動画編集にも十二分の性能を持っていて今後、長期間使用できると思われます。メモリが8GBなので16GBに増量したいところです。

後、数点これもいいかな~って思った製品もあったので紹介していきたいと思います。

〇GALLERIA XV


こちらはコスパに優れていて
値段が149980円(+税)になっています。
ただ、CPUが一世代前のCore i7-8700でKが付いていないのでOC出来ない点が気になるところですが現状のゲームをそこそこ高品質で遊ぶには問題ない性能だと思います。
スペックはこちら
Windows 10 Home
Core i7-8700
GeForce RTX2060
8GBメモリ
500GB SSD
2TB HDD

 

〇GALLERIA ZZ



このPCは最新のCore i9-9900KやGeForce RTX2080TIを積んでいるモンスタースペックの製品で値段もモンスター級の339、980円(+税)ですが、今キャンペーンがやっているみたいで299、980円(+税)と値下がりしています!でも・・・それでもモンスター級のお値段><

ゲームを常に最高設定でヌルサクで遊びたい!VRもガンガン楽しみたい!お金に余裕があるよ!なんて人には是非オススメ!

気になるスペックはこちら
Windows 10 Home
Core i9-9900K
GeForce RTX2080Ti
16GBメモリ
500GB NVMeSSD
3TB HDD

・上記のPCはドスパラさんのPCの紹介なりますが、他にもBTOを手掛けているメーカーさんもあるのでリンクを貼っておきますね。



こちらも結構有名なメーカーさん。後、ゲーミングPCのデザインも物凄く格好良いいですね。
PCの種類も豊富なので選ぶのに迷ってしまいそう!



今回、私が購入を検討しているPCのドスパラさんですね。余談ですがYouTubeでやっている「週刊ドスパラTV」が好きで毎週見ています!
このドスパラさんも結構購入しやすいように分割手数料無料や値引きのキャンペーンを頻繁に行っているのもいいですね。



こちらのフロンティアさんはあの有名な家電量販店ヤマダ電機グループに属しているメーカーさんの様です。
こちらのメーカーさんも様々キャンペーンをやっていて購入サポートも充実していますね。

いかがだったでしょうか?
少しでもPC購入時の参考になれれば幸いです。

関連記事
2019年 AmazonでオススメのPS4対応ゲーミングヘットセットベスト5
あると便利!IPAD用Bluteooth3,0キーボード付きカバー
2019年 PC&PS4:オススメ、ゲーミングモニター。選び方や性能の違いのまとめ!

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました